Search this site
@虎ノ門協同法律事務所
<< ガバナンスの整備に関する独立委員会は最終会議終了 | TOP | 日本相撲協会特別調査委員会が設置されました >>
ケアポートみまき訪問
 1月21日(金)午後は、長野県東御市にあるケアポートみまきを訪問しました。地域の保健・医療・福祉のニーズを満たすさまざまな機能をあわせもつ“多機能施設"として、地域の人の“交流の場"となるようつくられた施設です。


 次の施設から構成されています。
・ 介護老人福祉施設事業・老人短期入所事業・訪問介護等事業の「ケアポートみまき」
・ 「一般財団法人身体教育医学研究所」
・ 「温泉アクティブセンター」
・ 「東御市立みまき温泉診療所」
・ 通所介護・デイサービスセンター「きたみまき」
・ ホームヘルパーステーション「みまき」
・ グループホーム「ほのぼのホーム」
・ 通所介護・デイサービスセンター「あぜだ」
 「運動指導や介護等現場での事故発生に関する法的配慮事項の学習会」の講師として訪問したのです。介護施設の職員とプールを中心としたスポーツ施設の職員を対象とした事故予防に関する学習会です。
 中心テーマは、転倒・転落事故予防とプール事故予防ですが、入会契約時の問題、利用制限に関する問題、駐車場管理の問題、ロッカー管理の問題等もリクエストがあったので判例や事例を中心にお話しを担当しました。

 学習会の前には40分ほどかけて施設の見学。ソフト、ハードの両面ですばらしい総合施設に感心しました。

 特別養護老人ホームの入居者と職員の比率は、1.67:1との説明。民間老人ホームに勤務している長女の施設では4〜5:1ということで、長女は、ため息をついていました。
posted by koichi | 13:04 | 社会保障・生存権 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://mczkk.jugem.jp/trackback/112
トラックバック