Search this site
@虎ノ門協同法律事務所
<< 嵐の様な日々 | TOP | 東北関東大震災のお見舞 >>
一つ終了
 本日、ガバナンスの整備に関する独立委員会が日本相撲協会に対して、「日本相撲協会の公益法人化へ向けての改善策」を答申しました。

 私は、独立委員会の事務方(ガバナンスの整備に関する独立委員会アドバイザー)をしておりましたが、答申が出て独立委員会が任務終了による解散となる以上、私のアドバイザー任務も終了です。

 本来ならば、本日の答申を終えると、日本相撲協会の関係では、暴力団等排除対策委員会の業務と白露山・露鵬関係の訴訟事件だけが残るだけの予定でしたので、「ホッ」とできるところでした。

 しかし、2月2日以降特別調査委員会で忙殺されているので、「一難去ってまた一難」というところです。

 答申は、全体で約50頁、400字詰原稿用紙約100枚という大部なものです。各委員のみなさんの努力の結晶です。

 本日の評議員会後に報道関係には全文が交付されています。

 大相撲を愛する方々もどのような答申がなされたのか関心をもっておられるでしょう。日本相撲協会が、HPにアップするなどの工夫をしてくれるとうれしいと思っております。

 内容的には、
(1) 公益法人以前のあらやる形態の法人であっても整備が必要な事項
(2) 公益法人として法律上整備が求められている事項
(3) 日本相撲協会の事業と組織に固有な問題について整備すべき事項
と大別できるかと思います。

 後は、日本相撲協会が答申を具体化していく作業です。日本相撲協会自身の頑張りが問われます。

posted by koichi | 14:53 | スポーツ | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://mczkk.jugem.jp/trackback/117
トラックバック