Search this site
@虎ノ門協同法律事務所
<< なぜ原発の危険性を見抜けなかったのか | TOP | 原発ゼロをめざして >>
白露山・露鵬vs伊勢ノ海親方・友綱親方・秀ノ山親方・大西祥平先生損害賠償請求事件
  昨日、白露山・露鵬が原告となって、伊勢ノ海親方、友綱親方、秀ノ山親方及び大西先生を被告として1億円の損害賠償請求を求めていた事件で、白露山・露鵬の控訴を棄却する判決が昨日言い渡されました。

 検査及び処分の正当性を認めた判決です。

 伊勢ノ海親方の大嶽親方に対する話の内容については、一審判決が不十分な事実認定となっておりましたが、この点についても、控訴審で是正をされております。

 すでに、日本相撲協会が当事者の事件は白露山・露鵬敗訴で確定しており。

 本訴についても仮に上告があっても判決内容が変更されることはないと考えておりますので、私の仕事もこれで終了です。

 大西先生に直接御報告できないのは残念ですが、御親族を通じて墓前に御報告していただく予定です。
posted by koichi | 12:59 | スポーツ | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://mczkk.jugem.jp/trackback/143
トラックバック