Search this site
@虎ノ門協同法律事務所
<< 優秀な友人 | TOP | 古代ギリシャの美 >>
正中神経損傷⇒CRPS事案
 5月19日に集中証拠調べをした採血時の正中神経損傷⇒CRPS事案のまとめの準備書面(本日追加資料が届いたので、まとめの補充の準備書面を作成したので最終準備書面にならず(^_^))を提出です。

 受け取る被告代理人もうんざりでしょうが、作成する側もくたびれました。自動作成される目次(匿名化後)は以下のようです。

 このブログを読んだ友人はきっと慰労会のオファーをしてくれると信じています。(m_m)



 第1 本件事案の概要と争点の所在
      1 本件事案の概要    1
      2 事実認定に関する争点の所在    1
      3 回避可能性についての原告の主張    1
        第2 原告を診察した医師たちの診断    3
      1 被告H医師    3
      2 T医師    4
      3 M医師    5
      4 MT医師及びI医師    6
      5 IT医師    7
      6 小括    8
        第3 当初の正中神経損傷の診断vs本訴後の正中神経損傷否定の意見:いずれが正しいのか    8
      1 争点の所在    9
      2 被告H医師の「正中神経傷害」の診断撤回について    9
    1) 被告H医師が「正中神経傷害」の診断撤回をした理由    9
    2) 正中神経と肘窩部における末梢神経は同義か?    10
    3) 真実は何か    12
    4) 被告H医師が正中神経損傷と診断した事実の隠蔽    14
    5) 被告H医師が迅速な診療を怠った事実の隠蔽    21
(1) どうして初診日が4月2日(金)になったのか?    23
(2) 被告H医師は月曜日が受診可能だとは指示していない。    24
(3) 原告の母が被告H医師に電話したのは、3月29日(月)か30日(火)か?     26
(4) どうして、原告の母は、3月29日に被告安藤に電話をしているのか    27
      3 T医師の「正中神経障害」の診断撤回について    28
    1) T医師が「正中神障害」の診断撤回をした理由    28
    2) T医師の診療経過    29
(1) 1999年4月2日    30
(2) 1999年4月9日    35
(3) 1999年4月16日    37
(4) 1999年4月30日    40
(5) 1999年5月7日    41
(6) 1999年5月19日(1):2つある知覚検査用紙    44
(7) 1999年5月19日(2):リハビリテーション科に保存された知覚検査の結果    45
(8) 1999年5月21日     54
(9) 1999年6月11日    56
(10) 1999年6月25日    58
(11) T医師の診療経過のまとめ    61
    3) K大学以外の医療機関の診療記録から原告の正中神経損傷は否定されるのか?    63
    4) 小括    65
        第4 本件採血時に何が起こったのか?    65
      1 原告の右腕の採血はどの血管からなされたのか?    65
      2 採血を中断した事実    66
    1) 採血管の中に血が入り出した後に原告が痛みを訴えた事実    66
(1) 事実について    66
(2) 採血時の事実関係から判明する事実について(1)    70
(3) 採血時の事実関係から判明する事実について(2)    71
(4) 採血時の事実関係から判明する事実について(3)    72
    2) 被告S看護師は、原告から再度採血を実施せず、被告H医師が再度の採血を実施した事実    72
        第5 原告にCRPSタイプ兇両評が存することについて    74
      はじめに    74
      1 労災補償行政上のカウザルギーの認定基準について    75
      2 T医師意見書について    82
      3 MY意見書について    87
    1) Kozinの診断基準について    87
    2) 国際疼痛学会の1994(平成6)年診断基準について    89
    3) 国際疼痛学会の2005(平成17)年診断基準について    91
      4 原告の後遺障害について    93
    1) 後遺障害判断基準と原告の障害の内容    93
    2) MY医師の意見とこれに対する原告の反論    94
    3) 疼痛の部位、性状、疼痛発作の頻度、疼痛の強度と持続時間及び日内変動    95
      5 まとめ    106
        第6 被告の反論とこれに対する原告の主張    106
      1 本件採血部位における採血では、正中神経損傷は生じえないのか    106
    1) 被告の主張    107
    2) 採血担当者側の注意喚起    110
(1) 標準採血法ガイドライン    110
(2) 日赤の作業手順書    110
(3) 医療機関自身による注意喚起    112
(4) 「わき見」「患者が急に腕を動かした」といった特別なことがない限り、正中神経は損傷しないのか?    112
    3) 静脈血採血時の正中神経症例    113
    4) 正中神経と静脈との解剖学的な位置関係    116
      2 飛び上がるほどの激痛でなければ、採血針による正中神経損傷は否定されるのか?    125
    1) 被告S看護師、被告H医師ほか関係者の供述を理由とする「電撃痛」の不存在                                                                     126
    2) 2度目の採血に応じたことは「電撃痛」の不存在を否定するのか    129
    3) 採血時の痛みが「飛び上がるほど」でなければ正中神経損傷は否定されるのか?    130
    4) 日本大学医学部麻酔科Kの指摘    131
      3 ティネル徴候について    132
posted by koichi | 22:06 | 医療 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://mczkk.jugem.jp/trackback/147
トラックバック