Search this site
@虎ノ門協同法律事務所
<< 小言幸兵衛になる | TOP | 大槌町ボランティア顛末記 >>
小言幸兵衛第2弾
 先日の小言幸兵衛第1弾第1部の問題は、当該若手弁護士が、ちゃんと労基署と折衝して、一旦自己負担100%などということがない方向で解決をしてくれました。小言幸兵衛第1弾はとりあえずクリア ...(^^;;。

 ちょっと話題を変えて・・・

 原発問題では、私自身不勉強だったことを恥じているところです。何しろ、現在の原発は色々問題はあるが、全廃までは言い過ぎではというのが私の従来の認識でした。3.11以後に、原発問題に初めて正面から向き合っての結論は、「こんな未確立な技術を商業化するなんてとんでもない」というのが、現在の私の意見です。

 世論の大勢も同じ方向だろうと思っています。
 
 ただ、ちょっと不安が。

 現在の商業化された原発が問題なのはそのとおりなのですが、原子力エネルギーは全て危険でダメだというトーンには違和感があります。

 現時点での人智では、原子力エネルギーを商業化レベルで使うには未到達な領域があるとは思っていますが、未来永劫、原子力エネルギーをいかなる形でも人類がコントロール不可能であると言い切るのは非科学と思っています。

 将来の可能性を信じて研究をする道は残すべきです。そうでないと京大原子炉実験研究所は存在しなくなってしまいます(^_^)。私が3.11以後ファンになった小出裕章さんも失業していまいます。

 現在の原発推進に反対することと、原子力エネルギーの平和的な利用の研究を進めることは両立するのでは?

 みなさんはどう思います?
posted by koichi | 00:53 | 東日本大震災 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://mczkk.jugem.jp/trackback/150
トラックバック