Search this site
@虎ノ門協同法律事務所
<< 今欲しいもの | TOP | 早稲田大学の転倒予防の課題 >>
平成26年度運動部活動指導者サミット(東京)
 一昨日(2月4日)に、「平成26年度運動部活動指導者サミット(東京)」が開催されました。全国から教育委員会関係者、学校関係者が集まりました。

 私は、基調講演を担当。テーマは、「優れた選手・チームを育てるためには指導者に何が求められているのか〜暴力に頼らない指導」。

 このテーマでは、これまでも、各地、各競技団体で数多くお話しをさせていただいております。

 いつも、参加者の方々とは、一期一会の気持で、「勝負」しています。

 「問題の事例」も、「優れた事例」も匿名化せずに紹介しています。「問題の事例」として紹介された当該自治体から参加された関係者は渋い顔をされておりました。

 この点で、文部科学省から匿名化しないという点でお咎めがあるかと思い、次はないと覚悟をした上であえて臨みました。匿名化しないほうが刺激になり、効果があると思っておりますので、あえて「勝負」しています。とりあえず、文部科学省からは、お咎めなしで、スルーして頂いております。

 「暴力に頼らずスポーツにおける真の勝利をめざす」という目的に向かって共に歩むという点で、参加者の方々の「心に火をつけられれば」成功なのですが、これがうまくいくか否か、毎回参加者の方々と「勝負」です。

 しかし、何回やっても涙腺が緩んでしまう場面があり、困っています。

 竹田高校(大分)でお兄さんを亡くされた弟さんの朝日新聞への投稿記事を紹介したスライド。目の前でお兄さんが亡くなるのを止められなかったという弟さんの心の傷を思いやると本当に心が痛みます。つい涙腺が緩みます。

 ヨーコ・ゼッターランドさんが、2013年4月25日の日本体育協会等5団体の暴力根絶宣言採択のシンポジウムで、かつての指導者による暴力を語ろうとして、そのことを思い出した時に、思わず言葉につまり、演壇の前で60秒近く言葉が出ずに涙を流した場面の紹介。これも涙腺が緩んでしまいます。

 何度やっても、なかなか克服できません。

 「平成26年度運動部活動指導者サミット(東京)」の公式会議の後は、オリンピック記念青少年総合センター「さくら」(施設の中では一番グレードが高いレストランではありますが、所詮、オリンピック記念青少年総合センターの中の施設です(^0^))で、ノンアルコールの「情報交換会」でした。

 アルコール可の方が、参加者の本音は、聞けるのですが・・・・。

 文部科学省の、「情報交換会」に参加した人が地元に戻って、良い気持ちで空港から車で・・・というような事態は、避けなければならないという事情も理解できます。

 ウーロン茶2杯(これがビールだともう少しいけるのですが、ウーロン茶ではこれが限界です)で、2時間各地の方々とお話しをさせていただきました。1時間半の講演の後の2時間の立食でしたので、最後は足がつりそうでした(普段の運動不足を痛感!)

 各地の方々と名刺交換をしました。名刺交換は想定していましたので、多めには名刺を用意していたのですが、途中で切れてしまい、御迷惑をかけました。

 各地の教育委員会から、私に話をして欲しいというリクエストには、日程さえあえば全面的に応じますと答えています。費用の心配をする自治体もありますが、自治体基準で結構ですとお答えしています。

 文部科学省や自治体の報酬基準は、弁護士にとっては、到底採算が合わないのですが、もう子どもも成人となっている私は、霞を食べているようなものですから、採算の点からの配慮はなくてもOKです。←事務所の同僚からは、「道楽のし過ぎ」と言われています。

 ただ、子育ても住宅ローンもある若手の弁護士の時には少し配慮くださいという点はご考慮ください。

 昨日は、群馬県のある私学の校長先生と面談。

 公的な立場上、当該校にストレートに助言できない部分があるので、公的な立場と矛盾しない範囲で婉曲に御理解いただけるように助言のメッセージを送っているのですが、御理解いただけておりませんでした。

 「平成26年度運動部活動指導者サミット(東京)」の後の「情報交換会」に参加された方々との会話と昨日の面談での会話のレベルの違いにはため息がでます。

 昨日の面談では、公的な事情聴取の後に、公的な立場ではなく、一個人として助言したいということで5分ほどお話しをさせていただきました。学校側の弁護士も立ち会っておられたので、分かっていただけたと思っておりますが、これまでも、様々配慮しているのに、理解されないのは残念です。

 粛々と進めるのは簡単なのですが、できるだけ問題を大きくしないようにと配慮しています。公的な立場の委員長からは、配慮のし過ぎと怒られていますが・・・・。

 ちょっと、へばっているので、午後1番の和解期日までは、自宅で過ごすと事務所に連絡をして、ブログに投稿です。
posted by koichi | 10:25 | スポーツ | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://mczkk.jugem.jp/trackback/255
トラックバック