Search this site
@虎ノ門協同法律事務所
<< 裁判所の常識は国民の常識? | TOP | ドクターストップ >>
日本企業は捨てたものではない
 私のブログは、7月から3か月も更新されず、放置状態でした。

 これには、それなりの事情(ブログの更新より優先すべき仕事山積み)があるのです。

 編集者には怒られそうですが、本当はこんな投稿をせずに、10月末の締め切り原稿に向かわなければいけないのです(入稿間に合うかな・・・・)。

 先ほど、友人の弁護士からこのサイトを知らされました。

https://www.cataloghouse.co.jp/company/cm/?sid=top_cm

 一企業として、正論ではあるが、圧力も多いだろうと想像するので、正論派で大胆なのか、あるいは、私のような普段情報発信をしない人間でも拡散するという広告のツボを押さえた企画か・・・・。

 全国から国会に駆け付けている人々がいる中で、私は、国会の近くの虎ノ門で仕事していながら、国会周囲活動に全く参加できていません。先日も懇親会に来ない友人弁護士に電話したところ、「今国会前にいないで、懇親会!!」としっかり叱られました(その後の、天候で応援にいかなくてもすんだという後日談です)。

 こんな立場の者としては、「日本企業もなかなかじゃん!!」と感動を覚えたので、原稿書きを中座しての投稿です(編集担当御容赦を)。


posted by koichi | 22:58 | 日々雑感 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://mczkk.jugem.jp/trackback/269
トラックバック