Search this site
@虎ノ門協同法律事務所
<< 2020年東京オリンピックは「オワコン」になるのか | TOP | 学校事故対応に関する指針 >>
引っ越し秘話
 虎ノ門一目再開発の関係で事務所の移転となりました(新しい事務所はこちら⇒ )。

 2月27日(土)に荷物が移動するというのがコア。

 事務所全体としては、2月25〜6日(金)が梱包。2月28〜29日(月)が梱包材の整理。という日程としました。あらかじめ、事務所スタッフは28日(日)は休日出勤の要請。

 ところが、私は、25日(木)は熊本県教育委員会で講演。その晩は、熊本泊まりでしたが腰痛がひどくなり、一応26日(金)の一便で羽田まで戻ったものの事務所直行は断念。一旦自宅に戻って、少し休んでから事務所に行こうとしたのですが、×。夕方事務所にSOS.「代わりにやっといて!」。←実に無責任!!

 27日(土)は痛み止めを飲んで岩手県高等学校野球連盟での講演。日帰り。28日(日)は午前中はダウン。午後から整理に。私の優秀な秘書や他のスタッフ、同僚の弁護士の援助でなんとクリアしました。

 以上のような経過で、私自身は、2月29日(月)〜3月5日(土)は片付けで手一杯。

 3月3日(木)締め切りの原稿がありましたが、申し訳ありませんが、片付け優先。なんとか昨日3月12日(土)に入稿です。

 事務所移転時のトラブルで言えば、前歴があります。2004年、医学系の学会で「中高年のスポーツ事故における法的責任」のテーマで報告するために、ホテルの幹部職員となっていた大学同級生に依頼して国際会議場の隣のホテルに泊まりました。ところが、そのタインミングで、当該ホテルの個人情報流失に伴う非常事態対応に応援部隊として入ることとなり、大阪で3日間居残りとなったことがあります。大阪に居残れたのは、引っ越しのための日程を3日間確保していたから。

 それでは、引っ越しをどうしたかというと、新旧事務のスタッフに急遽連絡して、パッキング⇒送付⇒梱包をあけるという作業を、休日出勤で対応してもらったのが2004年11月です。事務所移転にはトラブルがつきまとっています。

 もう移転作業はいやだ!!
posted by koichi | 16:02 | 日々雑感 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://mczkk.jugem.jp/trackback/272
トラックバック