Search this site
@虎ノ門協同法律事務所
<< 柔道事故の予防 | TOP | 合同図書館の紹介をしました >>
やっと突破しました
 いやーーようやく突破しました。
 生活保護の老齢加算廃止は憲法25条に違反するとして行政訴訟を提訴して3年。
 後発の東京でしたが、いろいろな経過はあったにしても、先行する京都や広島を差し置いて最初に判決を迎えることに。

 当然勝訴判決を期待していたのですが、判決は、敗訴。

 その後の各地の地裁の判決に悪影響を与えたのは間違いありません。

 東京が先行する予定ではなかったのですが、いくつかのボタンの掛け違いから、不用意な敗訴判決を得てしまいました。
 さすがに、落ち込んでいたここ数年でした。

 他力本願ですが、福岡高裁頑張って!!と福岡弁護団に応援を送っていました。

 勝訴判決を携帯電話に連絡してくれた高木先生(福岡弁護団)の第1報には思わず、涙ぐんでしまいました。

 福岡の弁護団のみなさんには心から感謝しています。

 この判決を契機に、高齢者いじめの行政を転換させましょう。上告させないたたかいを、この2週間悔いのないように闘いたいと思っています。

posted by koichi | 22:10 | 社会保障・生存権 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://mczkk.jugem.jp/trackback/45
トラックバック