Search this site
@虎ノ門協同法律事務所
<< ある競技団体の代表選考をめぐるトラブル | TOP | パワーハラスメントの学習会に参加しました >>
意欲ある若手に期待しています
 今日も夕方は両国に行っていたのですが、相撲記者クラブの記者の一人から、「最近ブログの更新がないのは、忙しいからですか」と問われました。

 今日も、尾車親方に対する恐喝未遂事件で被疑者逮捕への対応や大勇武が芝田山親方などを訴えた事件の対応がありましたが、七月場所前に比べれば平穏です。

 ブログ上で、日本相撲協会のみなさんや報道機関のみなさんにメッセージを送らなければならないような事態が減少している状況です。

 
ここ2か月半、私のブログは、普通の目的から大分逸脱した利用方法で運用してきましたので、この辺から本来の機能に戻しています。

************************************************


 3日前に地方公務員の労働相談が入ったのですが、私一人では処理するのが大変なので意欲ある若手を募りました。

 弁護士会の若手会員向けのメーリングリスト(私には配信されないし、発信もできない...(^^;;。)で募集したら、短時間に3人から連絡をいただけました。

 当事務所は、私と同じ期の弁護士が3名、3期下が1名、若手が1名という、年齢構成のバランスが悪い事務所のため、事務所の若手が手一杯なのがよく分かっているので、他の事務所の若手に手伝ってもらっています。
民事事件のみならず、スポーツ関連事件や医療関係事件で、いろいろな事務所の方々に手伝ってもらっています。

 一緒に仕事をして見ると様々な個性や特徴的な能力をもっている方です。

 優秀な若手には繰り返し仕事を御願いしております。

 最近では、「どうせなら、ウチの事務所に移籍しない?」と提案している若手もおります。考えておいてね。←またまた、本来の目的から逸脱したブログになってしまいました(m_m)。

posted by koichi | 21:59 | 弁護士会 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://mczkk.jugem.jp/trackback/84
トラックバック