Search this site
@虎ノ門協同法律事務所
新年のごあいさつ
みなさん

あけましておめでとうございます。

本年もよろしく御願いします。

元旦早々、今日は慌てました。

そもそも、レンタカー予約時にスタッドレスタイヤをオプションで注文したのですが、機材がないという返事。

予約は相当前でしたので、関東圏ではちょっと考えられない対応。

やむなく、チェーンは特別に積んでもらいましたが・・・(利用した場合のみチャージがかかるとのこと。ということは殆どのレンタカーはチェーンもなしで貸し出しているのね)。

「ノーマルタイヤでは雪が降るとイヤだなー。」

「冬期にスタッドレスタイヤを履いていない車に乗るなんて20年ぶり???」

「早朝の凍結はどう対応しようか・・・。」
と不安でした。

今朝はその不安が的中。朝食後にインターネットで確認すると、道後から足摺岬に行く松山道は積雪のため通行止め。

「チェーン規制を超えて通行止めだとなると一般道も大丈夫かなーーー。」

と思いながら、外に手立てもないので10時頃道後を出発。

幸いゆっくり目の出発でしたので、「松山IC-大須ICの通行止め」は解消されていたのですが、大須IC以南は通行止めのまま。

雪は降りしきります。

有料道路も×。

ひたすら国道56号線で南下。

雪ではありましたが、国道56号線にはたいした積雪がなかったので、車間距離は80m以上あけて慎重に運転。

宇和島までくれば、日本海からの寒気もなんとかなるだろうと予想していたのですが、どっこいそうはいきませんでした。

宇和島以南も時々吹雪のような様相で、かろうじてノーマルタイヤで走行できるかなという限界が続きました。

それでも、足摺岬まで30km圏内まで来るとさすがに雪も一段落。

ホッとして、竜串海岸や唐人駄場巨石群を観光していたら、また、吹雪に。

唐人駄場巨石群は、幹線道路から少し入るので、あっというまに道路は冠雪。冷や汗をかきながら足摺スカイラインまで戻り、足摺温泉の宿に16時着。

どの程度の吹雪かというと写真のとおりです。

宿のスタッフも、「めったにないんですけどね」とのお言葉。




宿の窓から別館と太平洋を撮影しているのですが、降りしきる雪で、太平洋が見えません。

まあ、事故が無くて幸いでした。

四国のスタッドレスタイヤの普及度が低い理由の一つが分かりました。

関東地方では、雪が降った際の高速道路や有料道路の規制は、
(1)チェーン規制、
(2)通行止め、
の2段階です。

でも、四国ではチェーン規制というのは最近ようやく一部の高速道路で導入されている程度で、マイナーなんですね。雪が降ると直ちに通行止めになります。

一度足を運ばないと理解できない諸事情(スタッドレスの普及の少なさ、なんでこんなに簡単に高速道路が通行止めになるの)が理解できてなんとなく納得でした。

明日の朝は、足摺岬で日の出をと思っておりましたが、あいにくの曇り空の予報です。

残念ですが、サンライズ、サンセット観光は、次の機会に(次があるかなーー)。
posted by koichi | 20:11 | 日々雑感 | comments(0) | trackbacks(0) |
年末のごあいさつ
 初めての愛媛県、初めての松山市、初めての道後温泉です。(論理的に考えれば、後者2つは言うまでもないですよね・・・)かみさんの熱発は、薬の効果か、平熱まで改善したので、次女と共に3人で来ています。なぜ、四国かというと、私が唯一訪問したことがない県が愛媛県、かみさんにいたっては四国に来たことがないという単純な理由。

道後温泉本館では、知人からも「霊の湯」の利用を勧められたのですが、道後温泉本館は、大晦日ということで、1年の疲れを落とそうという人々が集中。

「霊の湯」は「満員⇒行列に並んで順番待ち」。今日の松山市の午後は、荒天で、みぞれに雷、さらに強風という条件で、「道後温泉本館前の屋外での順番待ちはあり得ない!!」。

ということで、「霊の湯」は断念して、待ち時間なしの休憩所を使わない「神の湯」を選択しました。かなりの混雑ですが、なかなか風格がある温泉で感動しました。「霊の湯」はオフシーズンに再チャレンジです。

道後温泉本館関連のホテルに宿泊しているので、道後温泉本館に行く時に「湯籠」を持たされました。そのため、タオルと石鹸は持参。

道後温泉本館の料金表は、「貸しタオル30円」、「石鹸40円」で別売。両方がセットだと60円。いやーー共同浴場本来の感覚だな!!とおもしろがっていました。

でも、温泉の脱衣場の料金表に「ヘアードライヤー3分10円」があったのには笑いました。

30年近く前に家族で伊豆半島の民宿に夏に泊まったら、エアコンが30分100円で、夜中に100円硬貨を入れるのが忙しかったことを思い出しました。(^0^)

年の暮れに笑いがある幸せを感じています。

みなさん、良いお年をお迎え下さい。
posted by koichi | 20:50 | 日々雑感 | comments(0) | trackbacks(0) |
年の瀬
私の周囲には、時間を超越した人々がいます。

一昨日には、急遽、当事務所で緊急会議。←これ自体異常!!

その場で、さらに周囲の方々に(当然オフィースではなく、携帯電話宛て)、「明日会議するよ!」との電話。

有無を言わせない態度。

本来は、私はこんなにあつかましくありません。情勢が問題の原因です。

まあ、それに応じてくれるメンバーの皆さんにも感謝です。

このような経過で、12月30日の昨日も16時半から2時間の会議。

会議をすれば、その後は行動が・・・・。

ということで、年末年始返上の雰囲気です。

家庭内では、今朝から、かみさんが38.5℃の熱発。インフルエンザではなさそうですが(素人判断)。

仕事の上でもかみさんの健康状態でも、明日から初めての家族での四国旅行(道後温泉、足摺温泉、琴平温泉)はどうなることやら・・・トホホ。

それ以前に大掃除は当然延期。未着手。わが家の掃除はどうなるか???

来年が良い年になることを願っています!!
posted by koichi | 00:00 | 日々雑感 | comments(0) | trackbacks(0) |
自由席と指定席
 知人が学習院大学OBの管弦楽団のメンバーということで午後は学習院大学管弦楽団のコンサートに。
 1F席は自由席なのに2F席は関係者限定。
 なんでだろうと思っていたら、開演直前に2F席最前列に皇族が・・・。
 なるほどセキュリティーの関係なのね?

posted by koichi | 21:27 | 日々雑感 | comments(0) | trackbacks(0) |
疲労感ただよう
 カゼで微熱があったとはいえ、疲労感漂う表情だなーーー。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141208/k10013812476000.html
posted by koichi | 15:22 | 日々雑感 | comments(0) | trackbacks(0) |
髪の毛は毎日洗わないほうがいい?!
髪の毛は毎日洗わないほうがいい?
アメリカのホテル(一応のレベルのホテル)で備付けのシャンプーで1週間髪の毛を洗っていたら、どうも頭皮に発疹がいくつかできているようす。
シャンプーが合わなかったのかと思って、ググったところ、毎日シャンプーするのは健康に悪いとの記事が・・・・
考えてみたら、人間も動物の一種。毎日シャンプーする動物はいないよね。どの程度の頻度が良いのかな?
私は、寝癖があるので、お湯で頭を洗うのはOKかな?
同じ疑問の方はどんな意見?
posted by koichi | 11:54 | 日々雑感 | comments(2) | trackbacks(0) |
岩手県は広い
 岩手県教育委員会から講演を頼まれていました。テーマは、「一人一人の生徒が輝く運動部活動の指導を目指して」です。

 電話では、日時だけ調整していました。場所は盛岡と思い込んで請けていましたのですが、・・・

 今日依頼状が郵便で届いたところ会場は、「金ケ崎」!!スタート時刻は14時。

 新幹線の駅はどこだ!

 電話で岩手県教育委員会に確認したところ「水沢江刺」が最寄り駅。地図を見ると会場はそこからはるか先。「新幹線の駅でピックアップしてくれるよね」と確認したら、ピックアップしてくれるとのこと。一安心。

 この企画は、3枠(別な日)あり、私の前にプロ野球OBの小宮山悟さんが講師をする研修会と、私の後に筑波大学山口香さん(柔道)が講師をつとめる日程も掲示されていました。会場は、それぞれ大船渡と久慈。いずれも14時スタート。

 一応往路だけ調べて見ましたが、14時スタートに間に合う電車は次のとおり。






 私は一日仕事だけど何とか日帰りで日程組めるけど、小宮山さんや山口さんは日帰りでは厳しいかな?
 改めて、岩手県の広さを実感しました。
posted by koichi | 13:04 | 日々雑感 | comments(0) | trackbacks(0) |
九条の会
 先日、山崎豊子さん逝去の報道を聞いて改めて大地の子を読み返しました。山崎さんという作家のすごさを改めて感じ、同時に、戦争を繰り返してはならないという思いを強くしていました。

 そこに、もう一つ戦争の悲劇を考える機会がありました。

 10月25日に、日本臨床スポーツ医学会(in熊本)で、「スポーツ特待生の光と影-日本高等学校野球連盟の取り組みから」という演題で報告をする関係で、中村哲也さんの「学生野球憲章とはなにか-自治から見る日本野球史」を読み返しました。野球特待生を最初に規制したのが、野球統制令(1932(昭和7)年文部省訓令)なのです。

 もう一度通読したのですが、「ラストゲーム 最後の早慶戦」の話も登場してきます。戦争とスポーツは相容れない!!

 そんな思いでいたところ、九条の会からお手紙をいただきました。

 九条の会アピール〜集団的自衛権行使による「戦争する国」づくりに反対する国民の声を(2013年10月7日)というアピールに賛同して欲しいとのこと。

 当然と思って早速返信しました。





 秘密保全法の問題も・・・。きな臭い時代に入った感じです。




 私も、やれることはやらないと・・・・・
posted by koichi | 14:51 | 日々雑感 | comments(0) | trackbacks(0) |
台風18号の影響
  祝日の台風でしたので、外出せずに、おとなしく、自宅で作業をしていました。
 アンチドーピングの啓発活動用のPowerPoint完成です。
 満潮も重なって、隅田川の河岸のテラスも水没です。


posted by koichi | 16:09 | 日々雑感 | comments(0) | trackbacks(0) |
私の信念
 私は、これまで、様々な団体の問題について、事実を解明し、問題点を明らかにし、改善のための提案をする作業に携わってきました。

 現在も複数の団体でこの作業に従事中です。

 私の信念は、道理に反した行為についての解決を求められた際に、

A 道理に反した行為をしてしまったが、自身の行いを道理に反した行為として率直に受け止めて、道理に反した行為を行ってしまった自身を反省している人、

B 道理に反した行為を、この世の中道理に反した行為はよくあることとして、それに応じてしまった自身を許容する人、

C 意図するか意図しないかはさておき、結果としては道理に反した行為を作出してしまい、多くの人を巻き込んで様々な問題を生じさせているのに、道理に反した行為を実行した人が悪いとして、作出した自らの責任を否定しようとする人、

がいた場合に、私は、責任の取り方はC>B>Aだと考えています。

 Aの人も責任は免れません。
 しかし、責任の大きさはC>B>Aでなければならないと思っています。

 この信念を堅持して解決に当たりたいと思っています。

 抽象的な表現しかできませんが、私の信念を理解してもらえることを信じています。
posted by koichi | 23:25 | 日々雑感 | comments(0) | trackbacks(0) |